マテリアルワールド ~物質に満ちた世界と詩人ほど文才のない男の葛藤~

オノレ・ド・バルザック

balzac'S letter.jpg「コーヒーだけが、想像力ゆたかなこの労働機械の
活動を再々動かす黒い潤滑油であった。」
とは、フランスの文豪バルザックの言葉。

これはまさに僕とコーヒーの関係に等しい。

1日に1ガロンのコーヒーを飲んでいた僕は
カフェイン中毒でもある。


現代小説の創始者でもあるバルザックも執筆にはコーヒーが欠かせず、
ものすごい量のコーヒーを飲んでいたようです。


上の写真は、世界一短いバルザックの手紙。

「?」---本の売れ行きはどうだ?
「!」---驚くほどです!

という意味らしい・・・。


フランスは昔、封書を受け取った側がその料金を払うシステムであった。
「?」や「!」だけの手紙だと、封筒から透けて見えるため、封書を
開けずに配達員につき返す事ができた⇒お金を支払う義務が無かった

らしいです・・・。


「孤独はいいものだということを、我々は認めざるを得ない。
けれども孤独はいいものであると話し合う相手を持つことも喜びの一つである」

今度、彼の明言をまとめてみよう。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: オノレ・ド・バルザック

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://hazakura.biz/mt/mt-tb.cgi/44

hazakura.jpg

<Author>

名前:hazakura (はざくら)
品種:cyborg
燃料:coffee
性別:♂
年齢:18 till I die
一言:I must be strong

hazakura.bizの管理者

2011年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30