マテリアルワールド ~物質に満ちた世界と詩人ほど文才のない男の葛藤~

ザッケローニJAPAN アジア制覇

アジアカップ.jpg初めてのイタリア人監督、ザッケローニが率いた若きブルー侍が、オーストラリーの猛攻をしのぎ、4度目のアジア杯を手にしました。

怪我の香川に変えて右サイドに入った藤本は、試合勘が戻っていないためか、ほとんど昨日していませんでした。


それを修正するために、ザッケローニ監督が選んだのは、岩政を入れてツートップの高さに対抗するとともに、長友を前にあげて、中盤を厚くするというもの。

これが見事に機能し、押し込まれてばかりだった日本がボール支配率を高めていきます。

延長戦に入って、疲れが出てきた前田に替えて李を投入。オーバーラップを仕掛けた長友のクロスを、李が見事なボレーで合わせて、決勝点をあげました。

ここまでザッケローニが投入してきた交代采配は、ずばりとあたった。確かにザッケローニの戦術眼によるものも大きいと思いますが、ワールドカップで得たチームワークによる影響も大きいのではないでしょうか?

長谷部がキャプテンに抜擢され、控えに回った俊輔がベンチから声を張り上げて雰囲気を高めた。これはメンバーが変わっても、監督が変わっても、しっかりと引き継がれており、ピッチにいる11人とベンチの控え選手が一緒に闘っていた。だから、誰が途中から投入されても、非常に高いモチベーションで試合に入ることができたのだと思います。

少しずつですが、着実に力をつけている日本代表。今後もさらなる飛躍に期待です。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ザッケローニJAPAN アジア制覇

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://hazakura.biz/mt/mt-tb.cgi/118

hazakura.jpg

<Author>

名前:hazakura (はざくら)
品種:cyborg
燃料:coffee
性別:♂
年齢:18 till I die
一言:I must be strong

hazakura.bizの管理者

2011年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30