マテリアルワールド ~物質に満ちた世界と詩人ほど文才のない男の葛藤~

大学入試問題のネット投稿問題



入試問題投稿.jpgみなさんご存じの通り、予備校生による大学入試問題の
ネット投稿が問題になっています。

悪いのは間違いなくこの受験生です。

生活が苦しいから母親に迷惑をかけられず、どうしても
国公立大学に合格したかった なんて言ったところで
こういう環境で必死に勉強して頑張ってきた人も大勢います。

しかし、こういう予測された(おそらく既にどこかで
行われているであろう)事象に対して、何も策をとって
いない大学側にも問題があると考えています。



過去には韓国でも携帯電話を使った集団カンニングが発生しており、偽計公務執行妨害罪で
有罪判決まで受けています。ここから学ぶところはなかったのでしょうか?

現在は携帯電話を複数持っている人もおり、携帯電話を預かる程度では、カンニングを防ぎきる
ことはできません。試験会場では携帯電話が使えないようにするといった手段に踏み切る必要が
あります。


ですが、私は別の視点で考えました。大学での受験生の選別は、正解が一つしかないような
問題を解かすだけで良いのでしょうか?時間をかけてたくさん暗記した人が合格するような
入試スタイルをこのまま継続すべきなのでしょうか?

社会人になってつくづく思うのですが、日本社会が必要なのは、暗記力がすぐれている人材
ではなく、自ら考えることができる人材です。高校までで勉強してきた基礎を組み合わせて、
自分らしい回答を導き出すような試験であれば、より有効だと思いませんか?これだと
カンニングの心配もなくなります。


。。。そんなのできるのかって?きっと出来ます。大学の先生方はその道のプロです。
プロとして、もっと良い方法を導き出す必要があると思いますし、それが可能だと考えています。

偉そうに、すみませんでした。。。



トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 大学入試問題のネット投稿問題

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://hazakura.biz/mt/mt-tb.cgi/120

hazakura.jpg

<Author>

名前:hazakura (はざくら)
品種:cyborg
燃料:coffee
性別:♂
年齢:18 till I die
一言:I must be strong

hazakura.bizの管理者

2011年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30