FXのメリットの記事

スポンサードリンク


オンライントレードの普及により、株取引がブームになりました。しかし現在そのブームは、FX(外貨証拠金取引)に移りました。それにはちゃんと理由があります。FX(外貨証拠金取引)のメリットを株式取引と比較して紹介していきましょう。
外国為替証拠金取引(FX)の魅力の一つが、毎日もらえるスワップです。スワップとは金利差のことで、金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買えば、そのポジションを持っている間、毎日受け取ることができます。(取引成立後2営業目から計上されることが多いです。また、土日祝日には、当日にスワップがつかず、24日後にまとめて計上されます。)
外貨証拠金取引(FX)をすれば、大きな金額が動きます。それはたくさんの通貨を扱うからです。ですので、手数料が大きく影響してきます。

外貨預金の取引にかかる手数料は、米ドルで2円、豪ドルで5円です。一方FX(外貨証拠金取引)の手数料は、往復で0.1円程度というところもありますが、最近は無料という会社が大半を締めるようになりました。外貨預金の場合、米ドルなら2円以上、豪ドルなら5円以上高くならなければ、為替差益が得られないということになります。


取引で2円(経験者ならわかりますが、そう簡単に得られるものではありません)の為替差益を得た場合の、損益を比較して見てみましょう。

外貨証拠金取引(FX)の利点は他にもあります。株取引とFXでも紹介しましたが、24時間いつでも取引できるということです。為替は刻々と変化していきます。FXなら好きなときに買って、好きなときに売ることができます。金融市場は眠りません。
満期のある外貨預金と、満期のない外貨証拠金取引(FX)を比較してみましょう。

まず、満期のある外貨預金の場合、購入した通貨が値上がりし、いくら含み益が増えても、満期まで決済することができません。
満期を待っている間に、通貨価値が下がり、せっかくの為替差益が無くなってしまうことだってあります。