スポンサードリンク

     

ア行

【相対取引】 市場を経由しないで、売り手と買い手がお互い直接に取引をおこない値段、数量、決済方法などの売買内容を決定する取引方法。OTC取引ともいうこともある。


【アスク】 価格を提示する側の売り値のこと。オファーと同意。提示された側はそのプライスで買うこと。反語は「ビット」


【インカムゲイン】 株式の配当金、預金や債券等の利息、投資信託の収益分配金等の利益、 FXでは、スワップ金利の事を指す。


【IFD】(イフダン) "もし注文が成立したら"(IF DONE)という意味を持つ注文方法。 先の注文が成立した後に、自動的に控えていた注文が有効になる注文方法。


【IFO】(イフダン、オーシーオー) IFD(イフダン)とOCO(オーシーオー)を組み合わせた注文方法。 新規注文が成立したら有効になる、利益確定と損切りの決済注文を2つセットで出す事が可能で、このレートで買って、このレートになれば損切りこのレートに なれば利食いといったような注文が可能。

【インターバンク市場】 銀行と銀行の間の間で取引が行われる市場のこと。 通常100万を最低単位として取引されている。 外国為替市場という場合には通常、このインターバンク市場を指す。


【FF金利】(エフエフ金利:Federal Fund Rate) 政策金利として位置づけられている、アメリカの銀行間市場金利。 このFF金利が変更には、マーケットが常に注目している。


【円高】 円の対外価値が高まること。反語:円安。 1ドルが100円から95円になれば5円の円高となる。


【円安】 円の対外価値が下落すること。反語:円高。1ドルが95円から100円になれば5円の円安となる。


【OTC】(オーティーシー) 「Over The Counter」(オーバー・ザ・カウンター)の略。 売り手と買い手との直接の相対取引のことを指す。


【OCO】(オーシーオー) 2つの指値・逆指値を同時に出し、一方の注文が成立したら、他方の注文が自動的にキャンセルされる注文方法。 ここのレートまできたら損切り、このレートまできたら利食いという注文ができる。


【欧州中央銀行】 ECB(European Central Bank)のこと。


【オファー】 価格を提示する側の売値。顧客が買うときのレート。 アスクともいう。反語:ビット


【終値】 1日のうちで取引が終るときの最終値段。 外国為替市場で、日本市場の終値といえば午後5時頃のレートを指すことが多い。