スポンサードリンク

     

外国債

外国債とは、各国の政府や政府機関が発行する債券のことです。銀行や証券会社を通じて、購入することが可能です。ですが途中解約等に関してペナルティがある場合等があり、個人には手を出しにくいものとなっています。


最近個人投資家に人気があるのは、外国債(もしくは外国債中心)で運用しながら、毎月分配金がもらえる投信です。外国投信は各国の政府や政府機関が発行する債券で運用されています。
毎月約0.5%100万円預けると、毎月5千円、年間6万円ですね。)の分配金が払われるファンドもあります。現在の金利から考えると普通預金や定期預金よりも魅力的です。しかし・・・

これらの投信には、素人には気づかないように?たくさんの手数料が含まれているのをご存知でしょうか?

  1. 購入手数料(購入時) *換金時に手数料がかかるものもあります
  2. 信託報酬(毎年) *受託銀行の保管報酬、信託会社の運用報酬、販売会社の代行業務報酬
  3. 監査費用(毎年)
  4. 有価証券売買手数料(毎年)


これらの手数料を合計すると・・・初年度は5.5%程度になります。100万円預けて6万円の分配金をもらえると思っていたら、実際は手数料に55千円もかかってしまいます。何も魅力の無いファンドになってしまいました。


こんな状態ですから、売買のタイミングでの為替差を考慮するとマイナスになることも珍しくありません。また、購入時や換金時の為替に関しては、ほとんど開示されていません。


こういう透明性のないファンドへ、あなたの資産を投資することができますか?私にはとてもお勧めできません。