スポンサードリンク

     

金融ビックバンによってもたらされた最善の投資方法

資産を日本円だけでもつのは危険だというお話をしました。しかし、外国投信も外貨預金も、最善の選択ではないこともお話しました。では、資産を何に投資すればよいのでしょうか?

そうです、FX(外国為替証拠金取引)です。
ニュース番組で「今日の東京為替市場、終値は1円安の1ドル90円となっています」というコメントを聞いたことがありますよね?あれです。「え~っ。難しそうだし、リスクも大きいんじゃないの?」と思われる人も多いでしょうが、正しく運用すれば、FXほど効率のよい投資はありません。


FX(外国為替証拠金取引)は19844月の金融ビックバン以前、個人投資家に市場は開かれていませんでした。すごくおいしい取引だったので、銀行などの金融機関だけの特権だったのです。しかし、金融ビックバンにより、市場が自由化されました。これを使わない手はありませんよね。


FX
(外国為替証拠金取引)で、普通預金程度の利益を出すのなら、ほとんどノーリスクです。定期預金程度の利益なら楽に達成できるでしょう。外国投信以上の結果を出すのも難しくはありません。


あっ、でも調子に乗りすぎてはダメですよ。そろそろ注意が必要です。
少し利益が出ると、人間誰もが欲を出してきます。例えば年利10%なんて素晴らしい投資だと思いませんか?銀行預金から考えると、十分満足できる数字ですよね。

 

しかし、多くの人は、20%30%40%と利益を増やそうとします。この欲によって大失敗する人がたくさんいるのです。私の友人もそうでした・・・。この欲に勝てない人にとっては、FXはリスクの大きな投資になります。

逆に言えば、欲を出さずに、自分自身をしっかりとコントロールできるなら、きっと素晴らしい結果を得ることができますよ。